怖い思いをしなくなった消費者金融の利用

消費者金融と言う言葉を聴いただけで嫌なイメージを持ち、怖い思いをする消費者金融利用の経験を持つ高齢者は多いと思います。非常に高い利息、返済遅延が発生すると悪質な取り立て屋に追い回されるなど、現在では考えられないような状況に追い込まれることも頻繁に起こっていました。しかし、貸金業に関する法規制が施行されてからは、悪質な取り立ては禁止され、利息も上限が設定され、さらに総量規制が設けられたので、収入に見合う貸金額の範囲が定められました。銀行が出資している消費者金融もあり、昔のイメージは一新され今では怖い思いをしないで利用が可能になっています。


<借り手側の理性が求められます>

消費者金融の借り入れが比較的簡単に可能であることより、借り手側の自由度が増したとはいえ、借り過ぎると返済不能になったり、極端な場合は多重債務者に陥るケースも少なくありません。従って、現在は借りる側の理性的な判断能力が求められるようになりました。


<ルール違反をすると嫌な思いをすのは昔と変わりません>

自分の返済能力以上の借り入れをしたり、複数の消費者金融からの借り入れが高じて、多重債務者になってしまうと、当然の事として返済の催促を受けたり、場合によっては督促のための訪問を受けたりすることもあります。借り入れはほどほどに、自分の支払能力の範囲内に収める、これはキャッシングする際の鉄則です。