消費者金融で借りたお金が返済できなくなったら

返済計画などをしっかり立てて、借りたお金をきちんと返済している途中に、万が一のことで返済ができなくなってしまったらどうしたらいいのでしょうか?もちろん、収入がない場合は審査に通過することもできませんが、返済途中に事故などにあって収入が一時なくなってしまうということもないとは言い切れないのです。


まずは消費者金融に連絡をしよう

借りている消費者金融に、返済が一時的に止まってしまうことと、その理由を連絡しましょう。(>>>>消費者金融案内所)返済を待ってもらえるかどうかの相談をして、返済の再開のめどがあるのであればあわせてそれも報告するようにしましょう。また消費者センターや金融、債務を専門に扱っている弁護士などに相談することも忘れないようにしましょう。


契約書を確認してみよう

消費者金融で借りるときにもらった契約書にも必ず目を通しましょう。無担保・保証人不要と明記してあれば、家族であってもその債務の肩代わりを行う義務はありません。この場合は借りた本人のみに返済の義務が生じるものです。ただし、これは返済をほかの人が代行する義務がないというだけで、借りた本人にはもちろん返済の義務があります。マネープランなども相談して、返済計画を改めて立て直しましょう。