消費者金融で担保は必要ありません

消費者金融でお金を借りるときには基本的には担保は必要ありません。
担保とは一般的には不動産であることが多いのですが、このような担保を取るのは不動産担保融資か銀行くらいです。消費者金融は一般の人が気軽に利用するという目的のサービスですので担保は必要ないのです。
しかし厳密に言えば担保があるといえます。
それは契約者本人です。
消費者金融は信用によってお金を貸すサービスですので、信用調査の結果その人が信頼できる人でさらに経済力もあると判断された場合に借りられるのです。信頼があれば踏み倒されることもないからです。
担保が必要ない分自分がしっかりとしなければいけません。
もしも審査に通らなければ、それは本人の信頼に問題があるものだと思っていいのです。
審査に落ちてしまった理由については消費者金融から教えてもらうことはできませんが、収入が少なくないか、過去に金融事故をおこしていないかなどを考えてまた別の消費者金融での審査を受けてください。