消費者金融の効果的な借り方について

今、お金を借りようと考えた場合、多くの金融会社があります。その中で比較的借りやすいと一般的に認知されているのが消費者金融です。ほとんどの消費者金融が銀行関連の会社の傘下になっており、また金融関係の法律が整備されてことで、以前のサラリーマン金融と言われていた頃と比べる借り方の抵抗が少なくなっています。 その消費者金融も競合が激しく、各会社が様々なセールスポイントを打ち出してます。いわく低金利、期間限定の金利手数料無し、借り方や返済方法の手軽さ、借りたり、返したりできる場所の多さ等々。その中で借りる側として最も魅力に感じるのが金利、手数料であることは間違いないはずです。どのような目的で消費者金融と契約するのかということでも違ってきますが、小遣い程度の金額を借りられるようにする目的で契約する場合で説明します。 期間限定で金利手数料無しの消費者金融と契約しておけば、効果的な借り方ができます。給料日前に借りて後に返すことで金利を払う必要がなくなります。また、夜や休日に急に現金が必要になったときで、銀行には残高がある場合、銀行のATMを利用すると通常は手数料が取られます。金利手数料無しの消費者金融で借りて、翌日や休日明けで銀行のATMで手数料がかかないときに現金を引き出し、返済すれば、手数料はかかりません。このようにじょうずに利用すれば、大いに利用価値があります。”