消費者金融の審査を銀行と比較

消費者金融の審査は銀行審査よりも基準が低いと言われる事があります。(>>>>消費者金融案内所)金利設定が高いからでしょうか。実はそのような理由だけではなく、根本的な構造の違いに理由があるのです。


消費者金融の審査の構造

消費者金融の審査は、単独で行われます。その為、審査に費やす時間が短い事が特徴です。この事が示す事は、審査通過者が返済不能に陥ったとしても代行して責任を果たす機関が無い事をしめします。最悪の場合、返済債務者の債権を他の事業者に売る事はできるかもしれませんが責任を担うのはあくまでも消費者金融なのです。返済不能者が出た場合、収益が減るというリスクが生まれます。そのリスク軽減のために金利などを高くする事でバランスをとっている会社もあるようです。銀行審査の場合は、銀行は保証会社を立てるため2社体制で審査は進められます。その分時間がかかるのは勿論の事、審査におけるハードルが高くなる事が予想される訳です。


約定金利にあまり差はない

消費者金融では「審査は緩いが金利が高い」というようなイメージが付きまといますが、銀行のカードローンであっても実際に実行される金利である約定金利は差がない事がほとんどです。また、消費者金融からの借入れは国の貸金業法に守られているため利用者に無理な貸し付けが行われる可能性はなく、場合によっては一方的に有利な立場で融資を受ける事も可能なのです。