消費者金融の過払い請求の時効

消費者金融からの借入で、契約時に法定利息よりも高利の契約をした場合、さかのぼって利息を引きなおし計算することが出来ます。長期にわたって高金利の取引を続けていた人は既に払いすぎになっており、いわゆる過払い金を消費者金融に対して請求することも出来ますが、この請求が出来る期間には制限があり、時効にかかると請求権は消滅してしまいます。 過払い金の消滅時効は10年となっていますが、起算日は取引内容によって様々です。既に取引を終えている場合には、最終弁済日が起算日なります。同じ業者で複数の取引がある場合には、取引ごとに最終支払日が起算日となりますので、取引によって請求できるものもできないものもあります。一度完済した後で再度借入をした場合には、その間隔が一年以上経過していれば別個の取引として扱うのが一般的です。ただし、完済時に契約を解除して新たに契約書を交わした場合には、期間がそれほど開いていなくても別の取引として扱います。”